So-net無料ブログ作成

IS-54 [更新]

https://www.youtube.com/watch?v=1MEUNQYkPsM&feature=youtu.be

pangya_006.jpg

pangya_007.jpg

pangya_008.jpg

やったー!
データ取り始めて10日くらい?周り始めてから1週間くらいになるのかな
18h入れてからのスタートとなるのでピン位置ゲーも12hの2/3と3h左下風が狙えないくらいで条件を引くこと自体はそこまで難しくありませんでした
18h入れたの14回目くらいなんですが・・・
こういう周り方だと18h以外の通常ホールをあまり練習できていなくて・・・

着バグも怖くて、今回は
3W素(18h、5h、9h、14h)
1トマ(1h、7h、13h)
1WDP(3h)
3Wトマ(12h)
が危険ホールでした。
しかし着バグの大きさがだいたい20pix(カップ半個分)くらいなので、起きても起きなくても入るくらいの補正をできたところも多く、縦の高い精度は求められますが、今回は9h、14h、1h、7h、13h、3hで補正し、全てカップ左端or右端にぴったり入れることができました。(確か着バグは2個)

また、シャッフルでスタートするので当然赤配分は厳しく、初期ゲージが2ゲージちょっとと赤サイレント一つのみで周りきらなくてはいけませんでしたが、狙えるホールでは素のデータも採っておいたのは非常に良い方向に働いたと思います。
今回のホール構成でもこれらのデータが無ければ全く歯がたたなかったので、やれることはやっておくのが大切だと改めて実感しました。
あと僕が素を狙えるのは1hだけなので、最大でPPは23000ちょっとなのでしょうね。
着バグ補正のこともあり縦はぴったりで狙っていてBIが少な目だったのもありますがBIばんばんつくような周り方だと多分どっかで死んでたでしょうし
334yのときは13hも素で狙っていましたが、さすがに面倒で、そこまでやると赤飽和してサイレント足りなくなるのでやりませんでした。

正直なところ8hと16hは赤を使うことはできましたが、8hはトマデータとっておらず、16hも334のトマの補正では縦合わなくて着バグ補正でビーム当たらなくて傾斜で左外れるなんてビジョンが見えたので素を打ちました。

本来サイレントがいらないところで使うことにもなるので、バランスが大事になりますが、なんだかんだいつもぎり足りるような感じにはなっていましたし、今回は不必要なまでに風がよかったので、1mでも2回くらいサイレント使ったような気がします。

配信でやらなかったら余計緊張やばかっただろうなーってことで、応援してくれたり茶々入れたり突っ込みいれたりしてくれたリスナーの皆さんも本当にありがとうございました( `・∀・)ノ


PW更新 [更新]

pangya_031.jpg

やったー
コース自体は簡単なのですが、赤配分的にカディエSCをつけられず、コント5だったりしたので結構苦労しました。
ピン位置ゲーは8h10%くらい、10h1/3のどちらかを引けば-48、両方で-49でしたが、それ以外に着バグで死ぬショットが7回ほどあったのでよく起きなかったなあって感じです。
14hは全ピン狙えます
だいたい発生率が20%ほどなので、7回起きないのは21%ほどしかなく、ピン位置との兼ね合いも含めれば-48以上を狙える確率は8%ほどだったことになります。
配信でぐるぐる周っててだいたい着バグかなんかでミスってたんですが、確か6回目だったかな
8%を6回目までに引く確率はだいたい40%なので、まあまあ運がよかったんですね

アイテムもかなり厳しくて、赤安定1、ダブル赤ビン1、赤パック1とか余計なものを持っていく必要があり、サイレントが1個足りなくて自然な微風待ちとかあんまりやりたくないことをやる必要がありました。
本来なら1hは赤安定でなんとかする予定でしたが、PWはきまぐれで2PCではなく大会でやってたので1h7mでスピン30トマとか入るわけなく赤サイレントを使わされ、きついなーと思いながらめげずにやってたら4h5hあたりの風がよかったり、10h本来なら赤サイレントだったところが2mで赤安定でなんとかなったりまあ全体的に見ればまあまあ恵まれてました。

-46以上出したい高飛距離の方は大体同じような赤配分になることもあると思うんでメモっておきます。
初期:キャディ衣装、アリンマスコット、耳、イグナイトリング、ハロウの怒り で92くらい
あとキューマSCつけてます
条件としては、1hはアイテム使って2hの素でピンクダイヤリング発動すること
8hを狙う予定なら4h素、6h素、7h素素で2ゲージ+赤パックでピンクダイヤリング発動すること(キューマSR以上)

以下周り方
1h 7m 赤サイレントトマ
2h 4m BI(入れてリング発動)
3h 6m サイレントシングルトマ
4h 1m 1Wコロ
5h 1m シングルトマ(本来ならダブルの予定だけどパックを温存のため届くならシングル。温存する意味は無いです)
6h 2m BI
7h 3m BI(入れてリング発動)
8h 5m ピン位置来ず+10発動BI(しんどい)
9h 7m +10発動BI(打ちたくない)
10h 2m 赤安定トマ
11h 1m サイレント安定トマTS(自然1mだったけどトマTSはパンヤ出ません)
12h 7m BI(13h2打目でリング発動しないようにBSかけず)
13h 7m サイレント釘BI(入れてリング発動)
14h 7m サイレント+10yダブルトマ崖当て
15h 6m サイレントスピン調整シングルトマ
16h 5m BI
17h 3m 8hで余ったダブル赤で1オン、パット
18h 4m BI

風速平均は4.33m
タンプーSCつけてると平均は3.67mなので良い風とは言えなかったみたいですが、
サイレント6回使っての風速平均は2.78m、理論値も2.78mで、サイレント使うところの風が丁度悪かったため実際は平均的な風だったことになります。
まあ更に付け加えるなら微風が欲しいホールでのサイレント不使用率が高かったので、
この大会の風は僕がスコアを出す為としては良い風だったということになりますね
というかタンプーSCつけててサイレント6回使う場合の風平均って3m割るんですね
9回使う場合は2.33mで、今までも計算すればわかることでしたが改めて確認するとぬるいなあと思います

今回周ったときのダイジェスト的糞画質ゴミ動画を作ったのでよかったら見てください。
LSのときと同じく動画にする予定がなかったものを無理矢理タイムシフトを撮ったりもう色々ひどいものになってしまいましたが、何も残らないよりはあったら嬉しいなってことで・・・

http://www.nicovideo.jp/watch/1418305390

次は多分wizwizやりまーす



IS [更新]

更新しました!( `・∀・)ノ

pangya_007 (2).jpg

1h 381y カーブコブラTS(FW淵ice当て)
2h BI
3h 真ん中のラフから電柱
4h s30トマ
5h 2Ws30BI
6h BI
7h 370y+10発動DPトマTS
8h s30スパ
9h 2Ws30BI
10h BI
11h スピン調整BS
12h サイレント釘BI
13h 385yスパTS
14h 3WBI
15h BI
16h s30トマBI
17h スパ
18h BI

アイテム配分は覚えてないですが、1m以外で打った特殊は16h2mだけ(´・ε・`)

とりあえずチャレカだったので周ってみたら初日2回目くらいで-50さくっと出たんで、-51出すかーと思ってデータ取ってました( ´゚ェ゚)┌
データ取る前は7h手前だけを待って、また他のホールのデータも完璧とまではいってなかったので、一応-51狙っていたのですが11hをミスって-50、12hをミスって-50、13hをミスって-50とたて続けにやらかして、次14hミスってってやってけばあと5回-50出せば出るなとか言ってたんですが、まあそんなのは面倒なので一発で出るようにおにんにん頑張ってデータを取りました。

それが昨日?だったんですが、ちょっとでも外しそうな可能性のあるとこで、まとめますと

・5h2Ws30BIをサイレント無しでどこまで入るか確認(着バグ有)
7mで5回打っても外れなかった、着バグ出るまで打ったけど体感かなり低く、今までの大会でも外れたことが無かったので、サイレントが超浮きそうな場合以外で6m以上嫌いな角度以外はサイレント無し

・1h381yピンの精度
コブラTSで狙うんですが、iceに跳ねさせるのでspで着弾点を同じにし、そこからの転がりをスピンで調整します。(コブラはスピンを変えても着弾点は変わりません)
この場合考えなくてはいけないことは、まず横係数、縦風によるSPの変動、SP変動による横影響(カーブによるもの)、縦風によるスピンの変動、スピン変動による横影響(アゲでスピン強めとフォローでスピン弱めどっちがグリーンの影響を受けやすいか) などです。
データ数は少ないですが、これらをおおよそ確認できた段階で次にいきました。(その後周った大会で1回外しました)

・3h422yピンのHIO(1Wコブラパワーカーブ壁当て)
当初とってなかったのですが-51を狙える条件を増やすのとなんかの間違いで-52出せるように
AM3hでも似たような狙い方をして、あっちに比べて転がる距離、滞空時間もかなり短いので簡単なのでは?と思い着手
狙える風は限られていますが(ピン位置きたとして41%程度)、その範囲は間違いなく入るようになりました。
やっぱ簡単でした。
狙える飛距離はパワー時332表示以上なので、7hよりもだいぶ楽です。

・8hのサイレント無し範囲の確認
縦風影響をしっかり調べ、係数の変動(ほぼ誤差)、角度を読む位置を確認し、正直なんかよくわからなくなったのでまあ4m以内くらいかなーって感じでした。

・9h2Ws30BIのサイレント無し範囲の確認
一般化してある範囲がゴミみたいに少ない(95%以上、高低差係数は残り290y -20mのみ)ので、というかそっちのデータ取れよとも思ったんですが着バグ出るショットのデータ取りは嫌いなので、固定データのような形で高低差係数のみを取り終了
5h比着バグが出やすい気がしたのと、ここまでくればサイレント使っていいかの判断もつきやすいのでまあいっかってなりました。これで十分だろうという思いとめんどくささを割合で示すと0:10くらいでした。

・11hスピン調整BS
303ピンと310ピンの追い風強めの場合はBI届くのですが、無理な場合はスピン調整BSを打っています。
グリーンの境目的なところがあって、1バウンドで入れるのと3バウンドで入れるパターンを取っていたのですが、
データを取る前はどっちで打っていいかわからない範囲が来てしまってミスって-50だったので、そういうことが無いように念入りにデータを取りました。
他のコースでも同じような狙い方をする場所がありますが、IS11hはグリーンが比較的ゴミなのでちょっと強くてもなんか外れることがあります(0.3yとか)

・13h390yピン精度
ここまで来て絶対はずしたくないので、だいぶ数増やしました。30パターンくらいとって、どの風が来ても既存のデータと10°くらいしか違わない条件で打てたと思います。

・14h精度確認
着バグが起きる頻度、ティー傾斜の影響を調べ、総合的に風以外のずらしをどうするか決めました。
16hのs30トマよりよっぽど難しいので、だいたいサイレント使うことにしています。

・16hs30トマの確認
349ピンがLS11hの349ピンと端数が0.02y、高低差も0.3yしか違わなく、あっちのデータはだいぶ念入りにとっていたので暴風で入るかなーと一回確認するだけで終了。
まあだいたいサイレント残ってますし

・17h精度確認
縦風影響をm/spで改めて取り、最悪サイレント残ってなくてもなんとかなるようにしました。
あひるちゃんに当たるずらしの幅も確認しました


こんなところですかねー
-50を出し、-51まであとちょっとというところからこれだけのデータを取れたのは、LSで鬼のようにデータを集めた結果良いスコアを出せたという体験による意識の変化だと思います。

僕はよくジュン君の悪口を言いますが、9割はただの煽り、残り1割の正論の中の一部として、大会をたくさん周るのではなく完璧なデータを取ってから楽にスコア出しましょうということを話します。
正直おととい時点での13hのデータは割とゴミで、そんなんでスコア出るわけねーだろカスとか思ってたんですが、昨日一日1hとか13hとかのデータ取ってたようで成長したなあと思います。
僕のクラブのみるにやさんとあっきまさんも早々に-50出したので、二人に続いてくれたらいいですね

尚、昨日僕が-51を達成したのでジュン君が-50出るまで寝ない配信をすることが決定しました。
大会でやるようなのでまず周れるようにアルザ垢でお手伝いしてあげましょう。

LS [更新]

更新しましたヽ(^o^)丿

フロント
pangya_003.jpg

結果
pangya_005.jpg

ピン位置ゲーが3h 1/3 7h 1/3 16h 2/3で、赤配分もだいぶきついのでシャッフルでやりました。
これまでの大会はどんなもんかなーって適当に周ってて、高くて-44とかしか出てなかったんですが、条件きた一発目で全て入れることができて非常に満足です。

ピン位置を引く条件が7%程度なこと、3hや7hの難易度が異常に高いこと、赤がきついこと、今まで可能限界値が出る条件で色々ミスってきたことなど考えると出ても-50、-49からの更新ができない可能性も高いのではないかと思っていましたが、たまにはミスをしないこともあったようです。

難しいホールをある程度外すのはしょうがないとして、他の一般化に近いことができるホール(1,4,9h等)を絶対に外さないよう念入りにデータをとった点が偶然を引き起こした一番の要因ではないかと思います。

今回はサブで先に入り、赤配分だけ確認して、赤サイレント含めて赤3つ積んでいっていて、風がだいぶ良くないとまともに回れないようなホール構成でしたが、最後には一般のホールで使う余裕もできるほど風に恵まれた大会でした。
3.7.16hはだいぶ先のほうにあったのでサブでピン位置を確認することはできず、まあどうせ来ないだろー的な感じでリラックスして適当に周ってたらあれなんかこれいけるんじゃねって14h目くらいで気付いて、アニパンとサイレント安定ごり押しで無難に周りきることが出来ました。

LSやWCは高飛距離だと厳しいみたいな風潮がありましたが、LSに関してはメリットも多かったように感じました。WCはうんkです

・高飛距離LSのメリット
6や15、17など地味に難しいホールが楽にBIできる
13hがBI届く(8hはなんか船の謎の壁に当たるんでトマ)
14hがアイアントマ余裕(半分くらいサイレントも使わない)
低飛距離では難易度の高い11hが普通に届く(5hも)
7hを赤1個で狙える

・デメリット
誰もやってないから狙い方がわからない
低飛距離なら簡単なホールもちょっと狙い方を考えないと難しい(4.9hとか 狙い方は変わりますがわかれば簡単です)
16hの難易度が少し上がる

見てわかる通りデメリットもそんなにきついのは無いのでこれからデータを取る人は314以上でできるのであればそっちのほうがいいと思います。

配信しながらやっていて、タイムシフトは残っているので、高飛距離での周り方等参考にしていただけたらと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。