So-net無料ブログ作成
検索選択

固定ホールトマTSデータの簡単な取り方 [攻略]

まずはこれを見てくれ

pangya_012.jpg

pangya_013.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=thi5OyU6NdA

やった~~
17hも18hも手前ピン引けたし、データの少ない17hが入ったのもラッキーでした
LSに次ぐかなり再現性の低いスコアが出てしまったと思います

で、その際使用したデータがこちら(18hは今回の記事と無関係の為お見せしません[ハート]
gyazo.com/2598a3b3fa3fd2ae5fa0b56e6913dabf

17hとかあるけどこれ指標からのずらしなので真似はできません

見ていただきたいのが、トマTSのホール
3hと9hのデータの少なさです

なぜこんなにデータが少なくても入るのか
簡単な一般化をしてるからです
(6hも理論上は同じだけど、グリーン淵のフェアウェイの部分から転がる予定だった為、完全な一般化はしにくいかなと思ってデータ増やしました。普通にグリーンから転がったんでこの方法でも問題ありませんでした)

方法も必要な知識もかなりハードルの低いとてもお手軽な方法で10パターンとるよりも良い精度を出すことができます

今回の記事はその方法について、段階を追って書いていきます

1. 係数の取り方
2. 縦の変化による横影響
3. 境目の有無の確認

ちなみにこれらの3つのステップですが、慣れると1ピンにつき5分もかからず終わります(急げば)
打数で言うと3打です(1m待ちはするけどね)

では本題

1. 係数の取り方

pangya_014.jpg

着弾点で取れます!
74度で190pixなので197.9pixくらいですね!
終わり!

-解説-(結論だけ知りたければ読まなくていいよ)

逆に聞くけどなんでこれじゃ駄目だと思います?
まあちょっと賢い人はこの値を飛距離/着弾点(392/338)とかけなきゃいけないんじゃないかと考えるかもしれませんが、風で曲がった分はスピンの方向に影響がないので、これで問題ないんです
図で言うと、
ブログ2.png

おっけー

2.縦の変化による横影響
グリーンで曲がる分がどんだけなのかってことですね
SP調整はちゃんとする前提で考えます
真横で-10dotだとして、追い風1mなら-11dot、向かい風1mなら-12dotでだいたいおっけーですが(もちろん縦風係数によるけど1Ws30トマTSで狙う場合はだいたいこんなもんです)じゃあ追い風成分0.5mだったどうすんねんってことです。
まあかこらないなら-10dotでいいんでしょうが、0.5m分伸びちゃうとグリーン影響減りますよね
でまず考えなきゃいけないのは0.5mでどれだけ伸びるかということです
気を付けなきゃいけないんですが、これは着弾点でどれだけ伸びるかではなく、実際にグリーンでどれだけ伸びてるかを測らなくてはいけません
理由ですが、例えばBW3hだと0.5yくらい着弾点が伸びますが、その代わりスピンで登らなくてはいけない高低差を少し減らしてくれていますし、フェアウェイとグリーンでは摩擦力が異なるので、たとえ高低差がなかったとしてもフェアウェイで1y着弾点が伸びるとグリーンでは1.1yほど伸びます

今回は縦1mで2yも伸びるという結果が出ました
0.5mでは1y変わってしまうということです
じゃあその縦1yで横はどれだけ変わりますか、ということになるわけですが、

ブログ.jpg

グリーン影響で軌道がこんな感じになっているので、1yで0.29y前後曲がることになります。
これ測っている範囲内が全て17度というわけではなくて、0.5y伸びるか0.5y縮むかで少し変動がありますが、
測る範囲を変えても15.5度~18度程度までしか変化がないので一定で問題ないです
0.29y/縦1y=風速0.5m という形で残しておくとわかりやすいでしょう

3. 境目の有無の確認
要するに、通る可能性のある左右の限界の位置を転がしてみて、ちゃんとずれてくれれば大丈夫ということです
通る可能性のあるラインというのは以下の図のように求められます

ブログ3.png

今回は、理論上は0.27yほど左右にずれるトマTSを打って変なずれが起きなければ境目がないということです
まあさすがにちょっと怖いので僕は0.35yくらいずらして打ちましたが、当然こんな小さな範囲では何も起こりませんでした

左右1mが吹いてもこれくらいしか軌道の差ってないんですよね~



こんな感じです!
僕の文章が悪いせいで難しいと思ってしまったかもしれませんが、頑張って理解してみると本当に簡単なことをやっています
中学生でもわかる内容です(必要な文章読解能力はもう少し上かもつれえ)
今までは少し難しいブログを書いていたかもしれませんが、今回はほんとに楽です!

僕はむずかしいことをやってるという印象を持たれている方がいますが、実際にショットを打つ際はこの程度の中学生レベルの物理とも言えないようなことだけです
データの整理で微分、ニュートン法、ラグランジ補間とかも使いますがそんなもん使わなくても大した差はありませんし、なんでこういう理屈が成り立つんだろうと思ったときに物理的に考えて納得したりするだけで、理屈なんか考えずにやってても何の問題もありません

ただ、少し違うのは僕がこういう物理っぽいものを扱う機会が多く、公式を凄く信頼してるということくらいなのかなって最近思いました
普段あんまり使わないものを信用しろって言われても難しいですからね
でも今回の理屈はほんの一部を除けば完全に間違いないことがわかりますので是非使ってほしいと思います(そのほんの一部もパンヤの性質上確実に問題ないです)

あ、あと僕がちょいちょい言う飛距離だけ高いのはだめーっていうのは精度をあげたいという向上心がある場合のみで、例えばオフ予選なんかではできるだけ高い飛距離使ったほうが突破はしやすいです
ってことで、もし高飛距離を使うのであれば、例え全チップできなくてもどんどんこういう特殊を経験してほしいと思います!


カーブトマTSの場合は全然違う理屈にはなりますが、一度s30TSを経験してさえいれば同じレベルで簡単に一般化することができます

教えてって言われれば書きますんで言ってね
ヒントとしては、っていうかこういうことを常に心がけてほしいってことなんだけど
取ったデータから新しい発見をしてほしいですね
今回の目的ではないけど、358素のシングル376表示トマ打点↑30の338yで着弾したときの係数が197.9px(高低差は今無視してるけど実際は入れてね)
スピン7トマの係数とこれを対応させて、s7 338yでは超概算203.7px(適当に補正で出した値なので知りません)ts30 338yでは197.9 スピン37の差で係数が5.8px違うことがわかります(実際はもっと差が大きくなるけど高低差とか補正の関係で小さくなっちゃった)
昔からこういうことばっか考えながらやってたので、スピン調整BIとかも得意だったし、どんどん色んな比較をして、この影響はこんなもんなのかーって発見そしていければカーブなんかもうちょろいですほんとに

意識変えていこっ

特殊の歴史 [雑記]

ネタが無いのでただの雑記

最近オトキャリがなくてよく本スレにクエスト確認にいくんですけど、ちらっと面白いこと(共感すること)が書いてあったので考えてみました

住人「今の特殊は飛距離ゲーでつまらない」

つまらないよね~ほんとつまらない
やってる方もつまらないしつまらない割に着バグとかいうので苦労するからほんとつまらない
コブラだろうがトマTSだろうが普通のショットで届くだけのはちょっと特殊って感じじゃないし凄いって言われても罪悪感感じるレベル

でもまあ全く壁当てとかがないってわけじゃなくて、難しいのもあるんだけどそもそもやってるのがごく少数でその配信にも人が来ないから知れ渡ってない
まあ僕らの知名度のせいでしょうねすみません

とりあえず今までの特殊全部書き出してみましょうか
僕がやったことないものも誰がやってたか思い出として書いときましょう
何も書かれてないのは僕がやったことあるやつです
誰が最初にやったかを書いているものではないのでご了承よろ

よく知られているスコア出す前提条件的な扱いのLSなどのゲートチップ、城Wカーブ、SC WHの乱気流は割愛

☆~292yの時代
○特殊っぽい特殊

-BL-
11h コブラ傘当て(270~ だいぶ昔の人、僕はデータとったけど条件厳しすぎてスコア出すの諦めました)

-PW-
11h 崖当て(288y)
15h バンカー淵当て(288y)

-西-
10h コブラ壁当て(スサノォさん 276y)
   コブララフ淵当て(292y)
18h 崖当て全ピン(276y)

-IS-
1h 崖当てコブラ(276y)
13h トマTS(276y)

-IC-
10h 崖当てトマ((てんし)Peterさん 270y、yu-rieさん ?y)
11h カーブスパイクTS跳ね(276y)

-EV-
1h コブラ崖当て(276y,288y,292y)
4h 川淵当て(254y 過去最も難しい特殊)
17h 水切りカーブTS(288y,292y)
18h バンカー当て(254y,276y)

-AM-
3h ラフ当てカーブTS((ほし)みてぃさん 276y)

-BW-
17h 火山当て水切りトマTS(288y)

-II-
1h コブラ角当て1バウンド(たく12さん 276y)
  コブラ角当てBI(288y)
8h 山当てカーブトマ(276y,288y)

-DI-
1h コブラ角当てコロ(276y)
8h 山当てカーブトマ(276y)


21個ありました

じゃあ次(かぶっても必要で再度データとってるものは書きます)
☆293y~

-PW-
11h 崖当て(sunset727さん 320~330くらいでやってるときだけ使ってた気がする)
14h 崖当て(342y)

-IS-
3h 崖当てコブラパワカコロ(320y)

-IC-
1h コブラ氷跳ねTS(352y)
5h コブラ氷跳ねTS(334,342,352y)
8h アーチ当てトマ(352y)
17h 壁当てトマ(352y)

-EV-
1h 崖当てコブラ(320y)

-AM-
3h 崖当てカーブコブラ(320y)
  ラフ当てカーブ素TS(320y)

-BW-
17h 山当て水切りカーブトマTS(320,332,334y)

-白W-
8h 城当てカーブ素TS(352y)
  カーブ素BI(352y)

-SW-
18h カーブ水切りTS(332y)

-SC-
1h 2クラッシュカーブコブラTS1バウンドin(320y)

-II-
15h 山当てカーブトマ(age.of.empaiorsさん)
18h 崖当てトマBI(age.of.empaiorsさん)

-DI-
4h 骨当てカーブコブラBI(sunset727さん)
18h 崖当てトマ(age.of.empaiorsさん)

-WH-
18h 水切りカーブコブラTS(332y)


19個です

あんまり数自体は変わってないですね
数え方の基準とか曖昧なんで正確ではないと思いますが、難易度の高い特殊が減ったわけではないとは言えるでしょう
ただあまりにもやる人が減ったこと、簡単な特殊が増えたことがそう感じる原因となってるのかもしれないですね

飛距離別.png

これが僕の飛距離別スコアなんですが、
特殊21個の~292が-827
特殊19個の~352が現状-864、努力次第では-885まで見えてるということになります
難しい特殊無しだと
~292では-806
~352では-866
60打差

WC、LSを入れてないとか色んな誤差を含んでいますが、少なくとも50打以上の限界値の差があるというわけですね
別の言い方をすれば、飛距離をあげるとただ届くだけの簡単な特殊が50個以上増えるということになります
コブラTSとかをそこに入れちゃってるので少し玄人向けな基準にはなりますが
ちなみに~292までのs30スパとかで狙う「ただ届くだけ」のは、ざっと数えてみて10個ちょいですかね

あんまりにも誤差の多い雑な数え方をしてるので結論とはしませんが、僕の感想としては
難しい特殊の数自体は減ってないけど、簡単な特殊だけでスコアの差が開くようになり、スコア差のうちの難しい特殊の割合が大きく減ってるから難しい特殊が減ったと感じるようになった
ってところですね

まあ僕らもスコア出たら動画あげたりしますが他人に見せてどや顔するのが最終目的でやってるわけではなく、ただスコアを競ってるだけなんで人からの評価は気にしないんですが

また、今たく12さんがノーアイテム276ySC-42に挑戦して、できたら動画をあげるらしいので難度を求めるなら彼の動画を見ると良いかもしれません!


高いスコアは高いスコアで一緒ですが、僕個人としてはたとえ僕が-880出したとしても276yで-830を出せる人がいればその人の方が凄いと思いますし、まいるどかふぇさんはいつでも尊敬しています


一番思うのは最近オワコンってて後続がいないので276yで-800くらい出す人が新しく出てきたらいいのになってことですね!


配信で聞かれたパンヤのプレイで尊敬してる人10人わざわざ記事で書くのもあれなのでここに書いときます
1位 まいるどかふぇさん
2位 (てんし)Peterさん
3位 age.of.empaiorsさん
4位 tara33さん
5位 くろひげくんさん
6位 Cinderella.さん
7位 スサノォさん
8位 【佳司】さん
9位 (ほね)Fooさん
10位 いがりさん
 ・
 ・
 ・
463位 山科京野郎

多分笑いが出る人も多いとおもうけど素直に書くとマジでこんな感じ
他にもたくさんいるし全員凄く尊敬しててみんな1位みたいなもんです
パンヤの外だとLASERさんとか鮫さんとかゆりしーさんとか・・・

たくまっちょ君の反省文 [雑記]

彼とストしたらミスが多かったので書いてもらいました


White wiz18Hストにおける反省文
Ⅰ. 地場・傾斜などからの要素から最も期待値の高いポジ
私はポジを取るにあたって地場などを考えずに0傾斜を好む傾向がある。まずそこから見直すことにした。
氷やバンカーというのはコントロールが低くなるためパンミをしやすくなるというのを考慮し、アニパンに頼って置くのではなく自分がしっかりパンヤを出すことを前提にしないといけない。また、私の今の実力で自信を持って打てる傾斜は自身の基準で2段(オイルさんのブログでは4段と紹介されている)くらいであるため、フェアウェイかラフで2段以内の傾斜に置くのが一番理想とするポジだと考える。
しかし止むを得ない条件というものがある。氷に置く以外でポジに置くのが難しいホール(白W1Hなど)や素で打ちたいがポジに置くと木が邪魔になるため打てない(BM8H)などといった状況は十分考えられる。そういう場合は釘を打つことを前提としてポジに置いたり、氷に置くといった対策を取ることでミスを少なくするようにする。
以上が私の考える最も期待値の高いポジを取る方法である。


Ⅱ. 計算ミスの反省及びしない工夫
今回の18Hストロークの2Hでした計算ミスは風角度のsin値に風を暗算でかけた際に
0.64×5=3.2 であるところを 2.2 としたことが原因となっている。
前のマッチトーナメントでは傾斜の段数と係数をかけた数値を段数の隣にメモしていたことで、風と傾斜を足す際に風と段数を足してしまって外すということがあった。
このことから、まず風はsin値と風の計算を暗算でせずにチャット欄でメモをして計算することでこれを防ぐ。
そして1つのチャット欄にSP・傾斜段数・横風・縦風と全部入れて計算するのではなく、それぞれ分けることで違うもの同士を計算するということを防ぐ。


これらの対策を取った上で自分の計算式を見直し、さらに上のスコアを出せるようなデータ取りを行いたい。




頑張れたくまっちょ!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。