So-net無料ブログ作成
検索選択

背景の仕様について

だいぶ前の記事で、一部のコースの背景が向いてる方向の風の横成分に比例して動くことを紹介しました。
風角度を求める方法だったと思います。

僕はそれの応用として、ナチュラルサーバーでスコアを出していたのですが、時間を最小単位1sの目測で測るのは難しく、精度は通常サーバーほどにはならなかった為、メトロノームやストップウォッチは使用してはいけない外部ツールにあたるか、とGMさんに確認し、目的を説明したところ、背景の仕様すら把握してなかったようで、その仕様について修正を考えるということでした。
正直な感想として明らかに故意的な仕様なんだから流石に把握しておいて欲しかったとも思いますが、開発との距離が遠いかなってのは常々感じていたところなので文句を言っても仕方ないですね
現時点ではまだより詳細な内容、状況の報告しかしておらず、対応については今後協議するとのことですが、話した流れから、ナチュラルサーバーの意義的な問題でよく思っていないのかな、という印象が強かったので、対応が定まるまではナチュラルサーバーをその方法で攻略するのは控えたほうが良さそうです。

僕自身今回のチャレンジカップでそれを利用しスコアを出してしまっていたので、あまりよくないことをしたと思います。
現在は通常サーバーのスコアで上書きはしておきましたが、同じようなことがあれば利用して良い仕様なのかの判断を慎重にするようにします。
また、my情報で残ってしまっているナチュラルサーバーのスコアについても、対応、方針次第では取り消していただくことにしようと思います。

背景を利用すること自体が悪ということではないようなので、止まってしまう可能性もありますし、以前の記事で書いたような角度の研究は今のうちにしたほうが良いかもしれません。

ただ、必要なのが知識のみで、バグではない仕様であり、研究すれば誰でも同じことができ、また可能なのが一部のコースでありナチュラルサーバー全てでできるわけではないことから、僕としては残しても良いのでは、と思います。

まあ決めるのは僕ではないので、ひとまず対応を待とうと思います

告知 [イベント]

sunset727さんとマッチ配信します

日時:
6/21(土) 18:00~未定

ルール:
勝った方々には各30cp以内のものプレゼント
全勝した場合は僕のクラメンが僕たちになんかくれるそうです
コースなどはハンデに基づいて決めます

ハンデ:
参加者の方を5つのランクに分け、その平均を取って(切り上げ)それぞれハンデをつけます。
ただ、1と5の方が組んだ場合のみ例外として4と扱います。

条件.png


-基準-
1:BL-30以下の方
2:BL-31~-35の方
3:BL-36~-40の方
4:BL-41~-43及び総合スコア-789以下の方
5:BL-44以上若しくは総合スコア-790以上の方

○特殊ホールの基準
ランク別にわけます(これはチームではなく個人毎)
ランク3以下:一般的なショットの打点では届かないor狙えない場合(だいたいおっけー)
ランク4:下打点s30トマやs30スパは特殊に含まない
ランク5:ランク4+障害物に当たらないトマTSは特殊に含まない

参加資格
基本的に誰でもOKですが、数が多すぎる場合は先着とします。
最低でも21:00開始分まではやる予定なので、3組までは予約を受け付けます。
特定の時間でしか参加できないなどあればお気軽にご相談ください。
相方がいなくても配信で探すことは可能です。


初めての試みなので、何か不備があるかもしれませんがご了承ください。
楽しく真剣勝負をしたいと思っています。多くの方の参加をお待ちしております!

傾斜 [計算]

説明力が皆無で、「おいるさんのブログって割と何書いてあるかよくわからないよね。死んで?」と配信のリスナーさんによく言われてしまう私にとって表現が最難関である傾斜は正直決して手の付けたい題材ではなかったわけですが、人脈の無い私にとってリクエストというものは非常に嬉しいものであり書いた後浴びせられるであろう罵倒の言葉や冷たい視線を想像しつつもアーンキモティッ

ボキャ貧でありメッセージングプア-massage pua-(オイル造語)な私ですが、2~5段階程度(推定)に分けてせめて博識且つ理解力に自信ニキ且つ好奇心旺盛な方々には伝わる程度の文章を書いていくことを目標と宣言し、執筆開始の挨拶とさせていただきます。

分けます。
①どんな感じで計算するかざっくり(=゚ω゚)
②角度差云々
③傾斜係数(データの取り方含)
④段数(データの取り方含)
⑤その他
⑥ワールドカップサッカー日本代表のことでちょっと思ってること


はいじゃあ
①どんな感じで計算するかざっくり(=〇Д〇)

最大傾斜を向いて、何段か読んで、角度差を測って、正面方向への影響を計算して、傾斜係数とかけて、終わり[ハート]
この項目の必要性な


②角度差云々

1.最大傾斜を向く
それぞれ置いた場所の傾斜は、ぐるぐる回ってみると一番影響が大きくて、アズテックの中心を軸とする点対称になる部分があります。
まずそこを向いてください。

pangya_002.jpg

こういう位置です
ここでこの最大傾斜の影響は○○だ!って判断することになりますが、その方法は3か4くらいの項目にあったと思います。

pangya_003.jpg

僕はこんな定規を置いてdot数を数えやすくしています

2.最大傾斜から打つ方向への影響を求める
傾斜は最大傾斜を向いたときが一番大きさを判別しやすく、最大傾斜を測ってから打つ方向への影響を求めるやり方が一般的です。

よく用いられる方法は2種類あり、二つとも三角関数を使うのは一緒ですが、三角形を作ってアークsinの値を求める方法と、最大傾斜と打つ方向の角度差を測る方法があります。
アークsinてなんやって方は、とりあえず計算方法だけ真似していただければ問題ないと思います。

pangya_004.jpg

残り213y、最大傾斜の方向からピンへの縦軸的な距離112y(まず1回目のボキャ貧自覚)
はい、112yのとこがそれです。
この場合、112/213を計算し、0.526くらい?多分
この数値を最大傾斜の値にかけます
例えば最大傾斜が6.0段とかだったら、3.16段くらいの影響になるということです。

次角度差
pangya_005.jpg

左上38度らしい(128度)

pangya_006.jpg

左下83度らしい(187度)
角度差が59度なので、最大傾斜にcos59°=sin31°の値をかけることになります。
上で0.526なのに、sin31°=0.515じゃん!なんでや!と言われることと思いますが、角度差を超適当に読んだためこの結果になっております。すまん


ただ、二つともに言えるのは、角度差というのはピン方向で測るものではなく、打つ方向で測るものなので、この風隠れてて見えないけど実は6mで、もうちょっと右にずらすことになるので、その分を考えてもう少し少なめに傾斜をとることになります。
これはそんなに大きい影響ではないのでちょろっと補正で十分ですが、角度差で測っている場合は打つ方向の角度で計算してもらえれば誤差はだいぶ減ります。


3.傾斜係数
段数と傾斜係数をかけて計算することになります。
風と同じ用なもので、
風の場合 →(風速*角度*係数)
傾斜の場合 →(最大傾斜*角度差*傾斜係数)
ってだけです。
段数の定義は次の項目ですが、とりあえず傾斜係数の定義とデータの取り方を

定義か・・・
この傾斜で80%で打つとこれくらいずれて、90%で打つとこれくらいずれて、100%で打つとこれくらいずれる!
みたいなやつです。

データの取り方は、僕のやり方を紹介する形になりますが、

pangya_000.jpg

IC11hのここに置いて、各SPでどれくらい曲がるかなーって測ります。
この灰色っぽいラフの平らな部分に着弾させて影響を見ます。
なぜここかというと、境目なのでフェアウェイで且つラフに着弾するためアンプレがしやすいからです。
その際釘を使う方法もありますが、傾斜は縦にも伸びて上手く測るのが難しい為、1mでデータを取り、風成分をずれから引く感じになります。

僕はデータ取り中excelでまとめているので、例としてこの前のやつを貼って説明してみます。
blog.png

まず、5.9段と書いてありますが、
この傾斜は5.9段です× 僕はこの傾斜を5.9段とよみ、この5.9段を基本として他の段数も読みます
基準がないと段数の定義をしにくくなるので、データを取った傾斜を何段で読むか決めておき、次の項目の段数のデータを取るときの元としてください。

わからなそうな項目を説明すると、
・データ使用距離→
実際飛んだ距離ではなく、傾斜の縦成分や風の縦影響を一定の割合分引いて、風や縦影響がなかった場合の仮想距離を算出し、グラフ化の際にはその値を使っています(かなり専門的な話になり、また実際に飛んだ距離でもほとんど問題ない為、どうしても気になる方以外は無視で大丈夫です)

・sp→
データ使用距離をspでいうと~って感じです
グラフ化の際に使います
簡単な関数を使っているので桁数がおかしいですが気にしないでください

・ヤード変換
ずれたpix(dot)を僕のヤードに直しています。僕は普通の人と解像度が異なるのであれ?って思う人がいるかもしれませんが問題ないです。

・ずらし誤差
ずれが大きく画面内に収まらなかった場合、del+0を用いてpixを測っていますが、4倍になっているということは最大2pixの誤差が出てしまう為、グラフを描く際は点を大きく書くようにしています。
忘れないようにするためのメモです。

・傾斜係数
傾斜でのずれを段数で割って、/1段の値を出しています

・風速換算
傾斜の1段によるずれは、その条件での風速何mに値するかを書いてあります。
必ずしもする必要はありませんが、他の飛距離でのデータと比較する際にはこのような考え方をするとより近似し、また知らない飛距離で打つときはこの値を元に補正することが多いです。

・縦伸び
傾斜での縦の伸びを書いています。
完全にざっくりで適当です。エアノートでの縦なんてこんなもんです。


このような感じでデータを取り、グラフ化などをしてSPや距離毎の影響をまとめます。
形は風速換算したものでもいいし、1段につき~とかでもいいです。これが傾斜係数となります。

・段数
段数を読め、と言われても非常に難しいですね
数値として書いてあるわけでもなく、ある情報はdotのみ
しかし、これをまともに読めるようにならないと傾斜は上達しないので、頑張ってデータを取りましょう。

やり方としては、
打つ方向が最大傾斜付近になるように調整し、微風で風は完璧になるように計算、その条件では傾斜の影響をどれだけ受けるか測り、傾斜係数で割り、この傾斜は何段だ!と特定します
例えば3y曲がりました、うち1yは風です、残りは2yですがこの条件での傾斜係数は0.4yなので、この傾斜は5.0段です。といった形になります。
また、その傾斜といっても全ての形を目視したまま覚えるのは難しい為、自分の好きな部分のdot(各傾斜によってあまり変化がないようなところは駄目)を測り、そのdot数を覚えます。

僕がどこを見ているか書いてしまうと僕と全く同じやり方ができるようになってしまう為そこまでは書きませんが、
こんな感じでメモってあるよーというので極一部を貼ります。
といっても傾斜の形によって見る場所変えてるのでちょっとずつメモり方が違ったりしますがまあ参考なので・・・

2(24pix)=1.3
4+(0-12)=3.0
4+(6-10)=3.65
4+(8-11)=3.65
4+(12-10)=4.1=4.1
4+(15.5-9.5)最小微小=4.35
4+(20-9)27pix=5.0
6+(12-6)=6.4=6.15
8- 上下19隙間5最小15=7.3
8+(0-4)=7.4
8+(3-4)=7.7
8+(6-4.5)最小微小=8.45
8+(10-5)16-21pix =8.8
8+(14-3.5)33pix=9.9段 (明らかにでかくね?→あってた)
12- 上下13隙間4最小22=11.6
12- 上下13隙間3最小21=11.6
12+(2-4)=11.8
14.3段=14.3段

こんな感じです
僕はこれを表にまとめて、ある程度pix数で式化し、その式で上手くいかない部分の補正を覚える感じでやっています。

段数終わり


⑤その他
ここまでで傾斜についてはだいぶ精度の高いデータが取れていますが、もう少し詰めの部分を。

1.高低差による影響
風と同じように高低差0との差を測ってください

2.縦風による影響
同上

3.傾斜の縦影響のする悪さ
傾斜で縦はある程度伸びますが、その扱いをどうするか
ただ単純にSPを引くだけなのか、それともSPを引く分風や傾斜の影響を変えるのか
まあ結論だけ言えば、最高到達点が低いのに縦が伸びるということで、追い風と同じような扱いとなります。
縦が伸びる分も風速換算してしまえばほとんど問題ないです
ランカーでもこの部分をまともにできていない人が多く、風と傾斜が同じ方向にずれるときずらしすぎて外す原因はほぼこれでしょう。
風と傾斜が相殺する方向だったら誤差誤差で入りやすいとか言ってる人もいますが、誤差もプラスマイナス両方の方向にあるので、相殺方向だから入りやすい理由にはなりません。
まあずらしが大きければ大きいほど角度などに誤差が出やすいので外しやすくなるという理由もありますが、僕がこれを気を付け始めてからずらしが10yを超えるような厳しい条件で練習として打ってきましたが30回ほどうってそもそもデータを取っていないパワーBI1回以外は外れてないので多分それであってると思います。
その間計算ミスもなくてちょっと嬉しかったです。

特に③の部分、ランカーの方々も一度考えなおしてみていただけると良いかと思います。


⑥ワールドカップ日本代表の今後について
負けてしまいましたね。
野球部ではありましたが見る方では野球よりサッカーが大好きで、ヨーロッパのリーグなんかもよく見てて、今回のワールドカップも凄く楽しみにしていたわけですが、昨日は非常に残念でした。
僕が言いたいことは敗因とかそういうことではないのでこれについては語りませんが、ドログバさんはかっこよかったです。
てかもろ研究されてましたよね縦パスとかカットされたほうが多かったし
対してフィジカルとかスピードとかは割と対策が非常にしにくい部分ではある(とサッカー未経験oilpaperは思っている)のでやはりどのスポーツも極めれば運動神経の良さという部分で優劣がついてしまう場合が多いのかなと
もちろん日本と大して体つきが変わらないチームでもコートジボワールに勝てるところはあると思いますが、一因としてね。

でまあそんな話はどうでもいいわけですよ
負けた後、恐らく色んな人が、ここからどうすればグループリーグを突破できるかということを考えたと思います。
その中で、ざっくり言ってしまうと、点を取りすぎないほうが良い場合というのがあると思います。
日本のベストな立ち回りは、通過のライバルになる可能性の高いコートジボワールの3戦目の相手であるギリシャのモチベーションを保つため突破の可能性を残した上で3戦目日本、コートジボワールが引き分けだった場合日本が上がれる最低限の得失点差にしておく事だと思います
全部コロンビアがコートジボワールに勝つこと前提ですがね
コロンビアが1点差で勝つなら日本は2点差でギリシャに勝ち、
コロンビアが2点差以上で勝つなら日本は1点差でギリシャに勝ちます。
ちなみに総合的に考えるとコロンビア-コートジボワールが引き分けである場合が最悪になります
ギリシャの突破の可能性がなくなり、モチベーションが下がった状態で3戦目に臨むことになるのでコートジボワールが勝ち点5or7まで行く可能性が高く、いずれにしても日本はコロンビアに勝たなくてはなりません。
コートジボワールが勝った場合はギリシャに大勝し、最後コロンビアに引き分けでも上がれるような状況がベストです。

まあ限られた場合ですが、得点を控えた方が良いことがあります
もちろん相手は調整してくれるわけではないので、1-0でキープしてたら点取られて引き分けちゃったとか最悪なパターンもありますが、頑張ってほしいチームのモチベーションを保つというのも作戦の一部になると思います。

ギリシャチームの印象から見れば、突破の可能性が無くなっても3戦目のモチベーションを保って頑張ってくれる可能性も大いにあると思いますし、こういう状況になったら1-0で勝て!とか言いたいわけではなく、そういった観点で見て、先にやるコートジボワールとコロンビアの試合結果に応じた正しい試合への望み方を提案してくれる人が日本チーム(コーチとかそういう人達)にいたらいいな、というかそういう役割の人はほぼ間違いなくいるだろうな、いなかったら嫌だな。くらいに思っています。


※訂正 pua× poor〇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。