So-net無料ブログ作成
検索選択

近況 [雑記]

チャレカは-46でした
マスターカップも-46でした
両方10hの条件きて1ミスです
滅多に来るものじゃないので47だしておきたかったですね
とりあえずはピンクはしばらくやりません
飛距離上がれば狙えるとこもまだ増えますし

あと最近は、SC-44も出ました
乱気流とかそういうのはほとんどデータとらずにサイレントゲーでした
今からやる人はできるだけ高飛距離がいいと思います
特殊は、
1hは326.4hは354くらいから一つのピンが狙えます
もちろん赤使ったときの表示です

で、今総合が847になりました
一位の方が今提督ってるのでさっさと抜かしたいです

あ、あと最近クラメンの更新ゲーが非常に活発で、一日一打くらいのペースを二週間くらい続けてる人もいますね
三人が似たようなスコアで競ってるので見てて面白いです
だいたい800ちょいくらいですね

もう一人もちょっと下だけど頑張ってるので通話しながら叫び声とか聞いてるの楽しいです
クラメン募集中です

僕はこのあとAM48、BW45、BM43、SW42、WH42とかそこらへんをやっていこうとおもいます

オンラインランカー目指して頑張ります

斜め風補正 [計算]

説明が難しくて後回しにしてたけど今受けてる講義がマイペースすぎて後で自習の形でやった方が良さそうなので書きます


斜め風補正とは、一般的には縦風の影響で横係数がどれだけ変わるかって意味で使われています。多分。ちょっと違うかもしれない

しかし、僕が考えるのは、縦風[→]?横係数の影響と、ずらしたあとの角度のずれの扱いを総合的に考えたものです。

角度を読む位置をどこにするかで、横は当然変わります
縦風影響がどれだけ係数に影響するかという値も、横に影響します

単純にこの二つの変数は、片方を固定してももう片方の値を工夫すれば最終結果は変わらないので、変数を一つにしてしまえばいいという考えです

あ、今更で申し訳ないけど両方の値を固定することはできません。
できませんっていうかだいたいの人は固定してますけど、てか僕もあんまりは変えないですけど、それだと毎回カップのど真ん中に入れるのは難しいです。
ただ、黄金比的なものもあるでしょう、両方固定でも問題ない精度を出せるような値は当然存在し、ランカーの皆様はきっとそんな値を使っているのでしょう。

なぜできないかはまあ物理的に説明することもできますが割愛

ただまあ毎回角度を読む位置を変えてる人って僕くらいしかいないと思うので、角度を読む位置をどこで固定していても、縦風影響で補完してしまえば問題なく、角度をどこで読むのが正解かという議論は無駄です。
黄金比的なやつになるのが正解と言えば正解なのかな
まあ暴風真横で縦がぴったりになる位置という考え方もできますかね


ここまでの説明がよくわからなかった人の為にざっくり書くと、
縦風が横係数に与える影響と、角度を読む位置は、組み合わせで色んな正解のパターンがあるから、一個ずつで悩む必要はないよってことです。

しかし勿論限度はあります。
じゃあ180度反対側で読むから縦風影響いくつにすればいいかな!とか言われても、無茶苦茶な値且つショット毎に変動が激しくなってしまうので、最高でもピン位置からずらした後の地点の間で考えたらいいと思います。

では、実際の数値を出してどの組み合わせが良さそうか考えてみましょう。

僕の使うとある飛距離で二つの条件を、角度は3パターン読む位置を変えたとき、縦風は横にどれだけ影響するか見てみます。
今更ですが、僕の計算の仕方は、例えば縦風で5y飛距離が伸びたとき、係数は残距離からいくつ減らした値で考えるかを割合で示しています
2.5y分縦を引くなら0.5です

では、280y7m左上45度で計算してみます。
計算過程は省略します。

ってこれよく考えたら打って正確なずれみないとできないですね
学校じゃ無理でした

僕は係数の方を固定して角度を変えています

終わり

立ち回り [雑記]

どちらかというとFPSや格ゲーでよく聞く言葉ですが、アイテムなどの自由度が高いゲームなのでそれなりに重要な観点になります。
パンヤにおける立ち回りとは赤配分やアイテムの使い方のことを指します。
僕が今決めたのでこれから普及するといいですね。
配信とかでその立ち回りどうなの?とかコメントで見られるようになったら嬉しいです。

で、本題
立ち回りというのは、全員が同じである必要はありません。
自分の実力、メンタルなど考慮して総合的に考えるべきです。

例をあげてみると、僕の立ち回りの元となる自己評価ですが、
ポジミせず、スコアゲーで置くような難易度の低いポジからなら着バグ以外外れない
メンタル的に後半でミスが多くなるようなことはない

このような人なら、着バグが起きるショットのときにアイテムを使います。
自分で言うのもなんですが非常にわかりやすいタイプです。

ではジュンで考えてみましょう。
トマならだいたい入るけど苦手な角度ではどのショットも不安定

アルザ癖がついてから序盤にミスが多い
最悪ノーアイテムになっても計算ミスさえなければだいたい周りきれる程度の精度はある

この人の理想の周り方は、外しそうなときには間違いなくアイテムを使い、アイテムが足りなくなってしまうようなゴミ条件は諦める
変に節約してもその先楽な条件しかこない可能性も大いにありますし、ミスの可能性は後回しにするべきですね
6m以上の一部の角度が苦手だとして、そんなのがアイテム足りないくらいくる大会はスルーでいいです

しかし彼の周り方を見ると、
後半全部アイテム使いたいからここは気合でいれる!ここ外したら俺が下手なだけ!
あ、外れた

とか言ってて本当に俺のブログのネタを作る為にわざとやってるんじゃないかと思いました
で後半微風多くてアイテム余ってあそこで使ってれば43だったわーすぐ出そうだわーとか言ってるんですよね
まあただ彼の場合はアイテムを勿体無いと考えることが多いみたいなのでパンヤに課金したくない人ならしょうがないですが
まともなときはちゃんとまともな周り方もします
ちなみに昨日のジュン君の晩御飯はお寿司で先週はピザ食べてました

次からは抽象的なイメージを考えてみます。
よくいるタイプですが、精度的にトマならそこそこ入るけど素は微風微傾斜じゃないときつい人
アイテム構成から考える必要がありますね
ショートホールと傾斜を覚えているところのみサイレントを使い、その他では全てトマを打てるような赤配分をし、アイテムが余るようなら釘を持つくらいがベストではないでしょうか
多分キューマカードとか持ってないと余らないどころか、足りません
では足りない場合どちらを優先するかですが、赤です
トマを打ちたいところで無理やり素を打つよりも、サイレント使わずにショートで素を打つ方がまだ楽です
その場合は、ショートのどこかで微風がくれば問題ないですし
まあDIとかアイテムかつかつになるようなところも全チップしたければ精度あげるか飛距離あげるかしないときついと思いますが


飽きたのでここらへんで終わり
サンプルは示しましたが、そういう考え方をするんだよってことで、自分にあったプレイスタイルを目指しましょう
立ち回りで精度の差もある程度は埋められると思います
書いたことは非常に簡単でしょうもないことですが、こういうことを考えずにプレイしている人が多いかなと思っているので、意識するきっかけになればなと思います。

また、トマは非常に重要なショットです。
上手い人の配信とか見ると、素ばかり打っていて真似したくなりますが、何年間かの試行錯誤の積み重ねで、トマを打ちまくった末にできていることなので、真似をすることは大事ですが、順を追っていくことをおすすめします。
飛距離に関しても、素しか打てないような飛距離でミスしまくるよりも、堅実なプレイをしている人のほうが上達は早いですし、これはただの感情的な問題ですが、教えてほしいと言われたときなど、快く受け入れやすいです。
この飛距離にすれば45狙えるからーとか40も出てない人が言っても悪い言い方をすれば滑稽に見えます
まあ飛距離上がると楽しいので上達を目的としていないのであれば全然いいと思いますが

何が言いたいかというと、自分の精度で一番スコアを出しやすいやり方を、飛距離やアイテム構成、配分やショット選択など総合的に考えましょう。ってことです

自分はどうしたらいいですかなど、判断材料さえいただければ質問には答えます

毎回ジュンの悪口を書いているので、ジュンは欠点ばかりじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、逆です
ジュンの欠点を見つけたらそれをブログに書いています

あ、あと昨日クラメンが一人増えました
まだあんまり上手くないですが今後に期待ですね
またこれをきっかけに若干敷居が低くなって更に加入希望者が増えたらいいなー

以上スマホで文字を打つ練習でした



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。